税務調査なら税務調査対策会

2007年09月01日

【税務調査対策】法人税の科目別対策(収益)

●法人税の科目別対策(収益)


位置情報1.売上・仕入の期ずれに注意する

売上も仕入もで取引の発生した日付で計上してください。

取引にかかる入金日、支払日に売上・仕入を計上するなんてことがないよう
注意してください。

ただし、事業年度終了日のおおむね10日以内の締日以降の売上・仕入に関しては、
継続適用していれば、翌月の売上・仕入とすることができます。


位置情報2.見積書と請求書の関係を説明できるようにしておく

建設業の場合は、受注簿の説明もできるようにしておいてください。


位置情報3.請求書綴り・領収書綴りの控えの連番をチェックする。

すべての番号が揃っているかチェックしてください。

書き損じも保管してください。
posted by 税務調査対策会 at 12:42| 税務調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。