税務調査なら税務調査対策会

2007年08月29日

【税務調査対策】税務調査の種類

ひらめき税務調査の種類

@特別調査

税務署内での準備調査の結果、多額の申告漏れがありそうな場合、
もしくは事業規模が大きく実態把握が必要な場合には、
特別調査が行なわれます。

A一般調査

不審な点の解明や有効な資料の収集に重点をおいた調査を行なう場合、
この調査を一般調査と呼びます。

B書面照会による調査

申告書の内容に不審な点があっても、実地調査を行なう必要がない場合は、
「お尋ね」と言う書面が税務署から送られてきます。
これを「書面照会による調査」と呼びます。

C強制調査

多額の税金を巧妙な手口で隠した場合に行なわれるのが強制調査です。
国税局の査察部、いわゆるマルサが行なう調査で、
突然調査官が来て裁判所の令状をもとに調査が行なわれます。

映画『マルサの女』の世界です。
一般的な方には、関係のない世界だと思います。

このHPでは、Aの一般調査について説明しています。
posted by 税務調査対策会 at 01:09| 税務調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。